医療保険はお金に余裕が無い人こそ入るべき

医療保険はお得?それとも損?
入っておいたほうがいいの?

ケーススタディでお話しましょう。

35歳男性がオリックス生命の医療保険キュアに入った場合

※:参考オリックス生命

入院日額5000円の場合の掛け金は2,035円

入院日額10000円の場合の掛け金は3,990円

5000円コースで10年間支払ったばあいの総額は244,200円

5000円コースで30年間支払ったばあいの総額は732,600円

10000円コースで10年間支払ったばあいの総額は478,800円

10,000円コースで30年間支払ったばあいの総額は1,436,400円

5,000円コースで30日入院したばあいにもらえる金額は15万円(手術給付金付きで25万円)

10,000円コースで30日入院したばあいにもらえる金額は30万円(手術給付金付きで50万円)

そんなのか、得なのか、わかりませんね。

数字だけ見ると、10年間の間に1回入院すれば、まあ、とんとんくらいのイメージ。

ただ、人間なにがわかるかわからないので、来年、あるは来月大きな病気にかかるかもしれない。

高額療養制度について

健康保険に入っている人は、高額療養制度というものがあり、一般的な人であれば、80,000円ちょっとが医療費の限度額、
高所得者で15万円ちょっとが医療費の限度額です。

一般 80100円+(医療費-267000円×1%)
高所得者 150000円+(医療費-500,000円×1%)

その他の費用について

差額ベッド代が1日5000円~10000円程度、1ヶ月で15万円~30万円。2ヶ月ならその倍。

後は日用品・交通費が数万円

 

言い換えると、全部合わせて50~60万のお金が余裕で払える人は要らないくらいです。

逆に、貯金も少なく、最悪のことを考え、50~60万のお金がきつい人には、1日1万円の保障はあっても良いかと思います。

また、大企業、中小企業、自営業者によっても違うでしょう。

大企業は福利厚生もあつく、また数ヶ月入院しても会社に席がなくなるなんてことはないですが、
中小企業なら1ヶ月も休むと、席がなくなることもあるかもしれない。

自営業者なら、収入がないわけです。

そういうことを考えると、大企業より、中小企業で働く人や、自営業者、
お金がある人より、ない人のほうが医療保険はしっかり入っておいたほうがいいと思います。

医療保険は経済的に余裕が
ある人はそれほど大きな金額の
保障はいらないが、
お金に余裕のない人は
しっかり入っておきましょう!

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ