自動車保険の基本

自動車保険は次の形になっています

車両保険(車の補償)

対人賠償保険(賠償の補償)

対物賠償保険(賠償の補償)

搭乗者傷害保険(怪我の保険)

人身傷害保険(怪我の保険)

※参考記事:賠償責任保険とは

以下、ざっくりとした説明と、注意点です。

車両保険

一般条件では

  • 他車との衝突
  • 飛び石などの飛来物
  • 盗難
  • 火災
  • 台風
  • 悪戯
  • 単独事故
  • 当て逃げ

の損害が補償されます。

エコノミー条件では

  • 他車との衝突
  • 飛び石などの飛来物
  • 盗難
  • 火災
  • 台風
  • 悪戯

が補償されます。

大雑把にいうと、「自動車に考えられる損害はたいていは補償されまずが、比較的有りそうなものとしては地震とパンクの損害はだめ。あとエコノミーのプランは相手がいるまたは特定されてないとだめ」というこになります。

細かいところは保険会社によりますが、だいたい上の補償です。

 

まとめ

- 一般 エコノミー
他車との衝突
飛び石などの飛来物
盗難
火災
台風
悪戯
単独事故
当て逃げ

細かいところは保険会社ごとになります。

なお、車両保険が自動車保険の掛け金のおよそ半分を占めているので、どうしても安くしたいばあいは、車両保険の一般をエコノミーにするのが良いです。

対人賠償保険

第三者に車でケガをさせた時に相手に支払う、治療費、慰謝料、その他もろもろを保険会社が肩代わりする保険です。

なお、自動車に同乗中の人も対象内。

なお、被保険者の父母、配偶者、子は対象外

その他、業務中の使用人ならびにその同僚

なお、家族の場合は、後述の人身傷害保険で保障される可能性があります。

対物賠償保険

第三者に来るまで、ものに対する、弁償をする場合の保険、

対人と同じ理屈で、家族や自分の会社のものは対象外。

なお、賠償金は時価額になるので注意。

>>時価と新価の注意点

搭乗者傷害保険

自動車に登場している人が、事故でケガをしたばあいの補償です。

運転者以外の同乗者も含みます。

補償は定額、予め決まった金額が支払われます。

1日あたり、いくらいくらの場合(日数払い方式)と、ケガの部位や症状に寄る場合(部位症状別払い方式)があります。

一部売り止めにしている会社もあります。

人身傷害保険

保険金額を限度に実際の治療費・休業損害・慰謝料を払います。

本人および家族(配偶者、同居の親族及び、別居の未婚の子)については、契約の車以外の車に搭乗中の事故ならびに、歩行中などの自動車の外にいるときの自動車事故を含みます。

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ