医療保険の保障の目安

医療保険の保障を考える目安はいくつかあります

高額療養費制度

健康保険に加入していれば高額療養制度が利用でき、実際にはそれほどの医療費がかかりません。

一般的な人であれば、かりに月に100万の医療費がかかっても、およそ8万円程が自己負担額です。

70歳以上だど更に下がり、外来で12000円程度、入院で、44,000円程度です。

現役なみの所得がある人なら、外来で44,400円、入院で80100円+(医療費-267000×1%)

入院の期間について

最近では入院の期間はどんどん短くなっていて、たいていの病気なら1ヶ月程度、長いもので脳血管疾患やがんの一部で、若い人130日程度。

長いものは脳神経系の病気なら1年以上のものも。

保険の効かない差額ベッド代について

保険の効かないものとして、大きなものは差額ベッド代があります。

価格はピンきりですが、5000円から~10000円程度。

入保険選びのポイント

基本的には上のような数字は平均的な話ですので、目安程度にしましょう。

万が一の保険を平均できめるのはおかしな話ですから。

ただ、入院保険は他の保障に比べれば後回しにしても良いと思います。

なぜなら、入院保険はかりに1日1万円ほ保障に入っていたとして、30日入院しても30万、そこに手術給付金が20万貰えても50万です。

保障が半分なら、25万円です。

仮に、保険に入っていなくてもそれで家庭が崩壊するほどの出費ではありません。

まずは、万一の保障を考え、おまけ程度に入院の保険は考えましょう。

少なくとも、万一の保険を削って、入院の保障を増やすのはよくありません。

保険は貰えそうなものに、かけるのではなく、起こりそうにないが、万一起こってしまえばどうしようもないものにかけるのです。

例外1:がんの保障

がんにかかる医療費は健康保険の利かないものも多く、命に関わるものも多いですから、別途、保障の厚いがん保険に入りましょう。

例外2:自営業者の場合

自営業者の場合は、定額の所得補償のように収入を補償する意味で多めに御かけておいたほうがいいかもしれません。

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ