医療保険(入院保険)の基本

ケガや病気で入院した時に入院一日あたりの保障と
手術給付金がもらえる保険が医療保険です。

 

医療保険は基本的には掛け捨てです。

 

例外的に、保障は一生涯で、支払いは60歳までといったように
一定の期間までに掛け金を支払えば、支払い完了後は一部解約返戻金があるものや
積立タイプの医療保険を販売している保険会社もあります。

医療保険の基本的な形

医療保険は入院給付金+手術給付金の形が一般的です。

その他、各種保険会社や商品によって特定の病気だとお金が倍もらえたり、
特約が付いている商品もあります。

入院給付金について

入院1日あたりのもらえるお金です。

保険会社や商品によって、1回の入院で最大でもらえる日数がちがいます。

60日の商品もあれば、360日の商品もあります。

当然、保障される期間が長いほど、掛け金は高くなります。

1回の入院以外の全期間通算の日数もあります。

手術給付金

手術の種類によって、予め設定された給付金がおります。

定額の商品もあります。

どんな手術でもおりるわけではありません。

更新期間について

10年など、一定期間に更新があるものと、一生涯更新が商品があります。

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ