生命保険で万一の場合に必要な保障額は減っていきます。

生命保険で必要な補償の額は
年の経過ごとに減っていきます。
30歳の時にに必要な金額と
60歳の時に必要な金額は違います。

例えば、たったいま、30代のご主人に万一の事があった場合に必要な金額の総額が6000万円だとしましょう。

しかし、年をとるにつれて、必要な生活費の保障額は減ってきます。

teigen

子供の教育の保障も同じです。

私学か公立かにもよりますが、教育費の総額は1000万円~2000万だと言われます。

しかし、それは子供が幼児期の時の話であり、成長について備えておくべき保障の額は子供の成長とともに減ります。

kyouiku

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ