遺族年金について~支給額の目安~

国民年金に加入中の方が亡くなった時、その方によって生計を維持されていた「18歳到達年度の末日までにある子(障害者は20歳未満)のいる妻」又は「子」に遺族基礎年金が支給されます。

遺族年金の目安です。

サラリーマン家庭の場合、
13万円~15万円程度が、
公的年金より支給されます。

遺族基礎年金の年金額

786,500円+子の加算

子の加算 第1子・第2子 各 226,300円
第3子以降  各75,400円

つまり、妻一人、子供一人なら、年額1,012,800円、(月額8.4千円)
妻一人、子供二人なら、年額1,239,100円、(月額10.3千円)

※ただし、上は平成25年度版、毎年、金額は減っています、

遺族厚生年金の目安

遺族厚生年金は収入より変わりますので、厳密には試算する必要がありますが、目安としては、平均な会社員なら年額50万~60万円円、月額5.5千円程度です。

中高齢寡婦加算
遺族基礎年金は子どものいない妻には支給されませんし、子がいてもその子が18歳(18歳の誕生日の属する年度末まで)または20歳(1級・2級の障害の子)に達すれば支給されなくなりますが、夫が死亡したときに40歳以上で子のない妻(夫の死亡後40歳に達した当時、子がいた妻も含む)が受ける遺族厚生年金には、40歳から65歳になるまでの間、中高齢の寡婦加算(定額)が加算されます。妻が65歳になると自分の老齢基礎年金が受けられるため、中高齢の寡婦加算はなくなります。

年額:589,900円

>>詳細は、日本年金機構を参照

夫死亡時の収入の目安は?

サラリーマン家庭の場合、13万円~15万円程度が、公的年金より支給されます。

サラリーマン家庭の場合、13万円~15万円程度が、公的年金より支給されます。

自営業家庭は厚生年金がないので保障が少ないです。

また子供が独立したら、中高齢の寡婦加算がないので、65歳の老齢年金まで無収入となります。(;・∀・)

支出を考え、不足分を生命保険で補います。

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ