更新タイプの生命保険は損?

更新タイプの生命保険とは、10年毎、15年毎などに、掛け金を見直していくタイプの保険です。

ケースとして、更新タイプの保険に入っていたばあい、更新時に掛け金が高くなり困る場合がままあります。

生命保険は自分にあっているか、あっていないかが大事であって、個々の保険にいい悪いはないですし、
更新タイプだからといって損ということはありません。

しかし、更新タイプは使いこなすのが難しいのは確かでしょう。

 

例:あんしん生命(保障の詳細は公式サイトで) メディカルKit 

20歳男性 入院給付金日額10,000円タイプ 支払限度日数60日(Ⅰ型) 先進医療特約付

保険期間:10年 保険料 2,208円

 

まだ、独身の人が、死亡保障もとりあえず入らないが、とりあえず、今はお金がないので、高い掛け金も払えないし、
逆に病気になったら大きな保障が欲しい場合は、やすい10年更新タイプに入るのもいい方法です。

 

例:オリックス生命 定期保険

20歳男性 死亡・高度障害保険金額 300万円

10年満了 

月払保険料 489円

 

親より先に死ぬなどあってはならない話ではありますが、、
とりあえず、親御さんに迷惑を書けない程度の整理資金であれば、保険としてはこれでも良い保険です。

基本的に生命保険は自分のためもさることながら、家族のために入る意味が強い商品です。

しかし、とりあえず、たった今の保障であれば短いほけんに仮に入るのも悪くはありません。

※もっとも、重い病気になってしますと、保険に入り直せなくなる可能性はありますが。

保険のご相談はこちら

自動車の一括見積り

おすすめ保険相談

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ